氷川神社
さいたま市大宮区高鼻町一丁目407番地
安達郡を中心に武蔵国にある氷川神社の総本山である。(武蔵国一宮)
須佐之男命・奇稲田姫命・大己貴命を主祭神とする。特に明治以降は国都が武蔵国に設置された事から、四方拝などの宮中祭祀の対象に加えられるなど、皇室からも重んじられる。
初詣には関東圏内から多くの参拝客が訪れる。
ちなみに所在地、大宮の由来は「大いなる宮居」の門前町からきている。