見沼通船堀
さいたま市緑区大字下山口新田付近
見沼通船堀は、見沼代用水(東縁、西縁)と芝川とを結ぶ閘門式運河である。
1731年(享保16年)、勘定吟味役格の井沢弥惣兵衛為永が指揮し作られた。当時の技術としては中国やヨーロッパと比べても遜色の無いものであった。1982年には国の史跡に指定され、現在周囲は公園、散策道として整備されている。
写真は西縁一の関。