武蔵 岩槻城
さいたま市岩槻区太田1丁目地内
従来は1457年、扇谷上杉持朝が当時対立した古河公方・足利成氏を牽制するために、扇谷の家臣の太田道真・道灌父子によって江戸城・河越城とともに立てられたとされているが、近年1478年に古河公方方の刃城主成田顕泰の父成田耕斎正等が築城した説が有力である。
江戸時代には、岩付城とも書かれた。現在は、新曲輪・鍛冶曲輪の部分が岩槻公園となっている。
県指定史跡。