大宮盆栽村
さいたま市北区盆栽町地区
大正時代。関東大震災で被災した東京小石川周辺の盆栽業者数件が、当時草深い武蔵野の山林地帯であったこの一帯に移り住み、形成された集落が今に残っている。
当時この一帯に住むためには、庭に盆栽を植えなければならず、今でも盆栽園を営んでいるところが多く、日本のみならず海外からも観光客も多く訪れる。写真は「盆栽のふるさと」として、自由に集い、くつろげる心の憩いの場として造られた「盆栽四季の家」。