浦和のうなぎ
浦和といえばうなぎ。うなぎの消費量は全国でも有数です。浦和にうなぎの店が多いわけは、江戸時代、浦和近郊は沼地が多く、川魚が多く生息する水郷地帯で、魚釣りなどで楽しむ人達で賑わっていました。
その行楽客に沼地で獲れたうなぎを出したのが始まりで、味の良い事が評判となり、中山道を往来する人達までがわざわざ足を運んだとのことです。
大正時代の半ばになって、水田耕作のために地場うなぎはいなくなってしまいましたが、蒲焼は二百年来の伝統の味として受継がれています。